引きこもりになる前に相談することが大切

  • 引きこもりの相談は専門窓口で行うのが適切です

    • 引きこもり状態からの脱却は、一筋縄ではいきません。そうした多くの人が心に傷を負っている可能性が高く、接し方に十分気を付けなければいけないからです。

      しかし世間的には引きこもりの家族を抱えていることに後ろめたさを感じる場合があり、なかなかありのままを相談できる機会がないのも事実です。

      しかし近年引きこもりは社会問題になりつつあるため、解決へと手を伸ばしてくれる存在が増えています。

      その代表となるのが、各都道府県に展開されている専門の相談窓口です。

      個人で運営しているところも少数派ながらありますが、ほとんどが自治体の協力を得て特別な団体として活動しています。

      守秘義務もあり、近しい人に事情を知られる心配もありません。



      利用はもちろん無料で、仮にどれだけ相談をしても解決に至っても費用が掛かることにはなりません。



      そして、引きこもり状態にある本人が相談をすることも可能です。



      直接訪れなくても電話での対応もしていますから、あと一歩の勇気が出ない人にも心強い味方になります。

      どうしても引きこもりの解決には、最終的に本人が腰を上げなければなりません。


      家族の力だけでは限界なこともあります。こうした窓口はそんな家族の辛さをケアする場所でもありますから、心境を吐露するだけでも楽になるのは確かです。

      強引に自力で何とかしようということではなく、大切なのは頼れる場所が身近にあることです。

      相談は何も恥ずかしいことではありませんから、遠慮なく頼って構いません。

  • 関連リンク

    • 近年、大人の引きこもりが注目されています。度重なるストレス、重度のプレッシャーにより精神が病んでしまった結果です。...

    • 一般的に、引きこもりの相談というものは、それは引きこもっている本人ではなくて家族がするものと認識されています。もしも本人が誰かに自分の現状を打ち明けて助けを求めるならば、問題の根本的な解決も早くなってくれることが期待できるでしょう。...